ウィークデーに書房に行ってみたら以前と違う全景が広がっていました

公民館に用があったついでに書斎に寄りました。
本を読んだり借りる気はなかったのですが
書斎ってまさか立ち寄りたくなる地方でもあるので
久々に入って見ました。

最初は気づかなかったのです。
百人一首の興味深いコメント本とかないかな、なんて思いながら
書斎の裏のやつに生じる和歌隅っこに赴き
発端近くに戻ってきて、ふと形相を褒めちぎると……

す、もの凄くな、こういうシーン。
椅子に座ってらっしゃるのは、一同ダディのお婆さん。
諸君、新聞紙やら本やら読まれてある。
やはり本を選んでる中には女性もいらっしゃいますが
なんとなく、ちょっと前に見たインフォメーションを思い出しました。
『これから総人口の1/4が65年以上に罹る』と。

善良半年くらい前に来た時はそんな眺めではなかったような……。
こういう半年でどれだけのほうが定年退職されたのだろう。
うちのパパが本を断じて読まないこともあり、いやに不思議な眺めにも思えました。
そして、ありとあらゆる空論が(笑)。
定年退職して家で悠々過ごそうと思ったけど
思いのほか倦怠だった、とか
おかあさんはこれまで通り馴染みと出掛けちゃったり
家屋のことが忙しかったりして
結局パパは安否がなくて、おこずかいも減らされちゃって
生じるのはお金のかからない書斎なのかな、とか。

こちらが利用する書斎も民間依頼が決まっていますが
これからは置かれる本もなるのかな? なんて思いました。脱毛ラボ 鼻下