マキシマリストという同居始めるミニマリストの僕

部屋に、主人の代物が大量にある。
衣服、マンガ、読物、形状。タンスの内も。
ぜんぶ、勝手に持ってきたものだ。嫌い。
どっちみち結婚するだしよしといった済むながら、かばん置きにされてしまった私の部屋。
もう部屋は満杯。短く持って行ってもらわないと。
最初は、今年同居する予定だったから、我慢してたけど、今は、形状のショッピングが多すぎて
自分ちに入らないからといって、私のマンションにとって来る。不安定ヒトです。
主人の物欲という現金意欲は、異常だという。
私の物欲のなさという、現金意欲のなさも、異常だけれど。
も、主人にひっぱられて、販売の売り上げが伸びたのは過去。
主人が激しくこちらをしつけてくれるから、売り上げがこれだけ伸びたのだ。
私一人だったら、まだ困窮だった筈。
費用を持つようになって、金額幸があがったのは、主人のおかげ。
それまで、費用の実例なんて、ケチケチすることしか考えてなかった。
その代わり、外食にはお金を使うなど、金遣いのおかしさがこちらだった。http://www.windells.co/