パフェ屋さんに息子とお出掛。パフェからの卒業

4歳の子どもに初めてパフェを食べに連れていきました。
子どもに経験させてあげたいと言う気持ちよりも大の甘党の私が懐かしく感じ食べたくなったからです。
近くには有名なパフェ屋さんがあります。
高校生の頃にはたまに通う事が楽しみの場所でした。
あれから10年以上経ちましたが今でも行列ができています。
その行列に重ならない様に子どもは保育所を休ませて、出掛けました。
すんなり入れるかと思って平日の昼間に行きましたが、既に行列が出来ていました。
外で数分待ってようやく入る事が出来ました。
10年以上ぶりに食べたパフェは思ったよりも美味しくありませんでした。
舌が肥えたのだと思います。
パフェに重ねられた物は全て食べた事があります。
味の想像が出来ます。
高校生の頃にはぺろりと食べていた量ですが、半分位は残しました。
勿体無いと言う感覚よりも、吐きそうになるまで食べる物では無いと感じたからです。
それでも子どもは喜んで、おっきいねと食べていました。半分も残しましたが、いい体験です。ミュゼ 足